ロシア人との会話(2012年ニセコ外国人百景7)

A-DSCN1077.jpg


 25歳男性。背の高いハンサムな好青年です。

「ハバロフスクから来ました」

 ああ、僕も1990年に行きました。

「それは…、ずいぶん昔ですね。今はだいぶ変わっていると思いますよ」

 なんでロシアからわざわざニセコにスキーに来たんですか?

「スキーに来たのではなくて、コンベンションが近くで開かれたんです。日本とロシアの交流で、毎年一回開かれているんです。いい習慣だと思いますよ。それが昨日で終わったので、僕はスキーをしにきたんです」

 ハバロフスクなら、雪も多いし、スキーなんてし放題じゃないの?

「いやいやいや。たしかにスキー場はあるけれど、施設はぼろいし、リフトだってろくに動いていないよ。ロシアは雪が多いけれど、スキーする人は多くない。僕も初めてスキーをしたのは高校生のときかな。だからそんなに上手じゃないですよ。それにしても、このゲレンデは広いね。こんな広いゲレンデ、ロシアにはないんじゃないかな」

広大なロシアにもないほど、ニセコは広いのか。この場合は、アンヌプリ単体ではなく、ニセコ全山の総体の話だと思いますが。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数