岩泉線の次は只見線が廃止か?

岩泉線が廃止されるようです。

A-PICT0097.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000006-khks-l03
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120329-00000044-mai-soci

岩泉線は究極のローカル線といってもいいような路線で、それが災害により不通になっていたのですから、廃止自体には驚きはありません。むしろ、1日平均乗車人員が46人(09年度)のローカル線に巨費を投じて復旧させるほうがどうかしていると思うので、残念ですが仕方ないでしょう。復旧費用は130億円と予想されているそうですが、誰がどう考えても、それだけのお金があれば、別のことに使った方が価値がありますね。
 
岩泉線に続いて気になるのが只見線です。只見線も、災害により昨年夏から一部区間が不通になっています。ペースはゆっくりですが、復旧に向けた調査や、復旧工事は行われているようですので、廃線にはならないと思いたいところ。でも、不通区間はまだ40キロもありますので、心配になりますね。とくに、鉄橋流出区間は、鉄橋を架けなおさないといけないのですが、その費用は相当高額なため、当該区間だけは廃止になってもおかしくありません。

只見線が岩泉線と違うのは、盲腸線ではない、ということ。実際、只見線は磐越西線の災害時の代替路線の役割も担っています。とはいうものの、あの東日本大震災でもとくに必要ではなかったので、昔に比べると重要度も低くなっているような気もしますね。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数