屋久島灯台から見た屋久島の魅力(2012年屋久島旅行記22)

屋久島6日目。最終日です。

2日目に屋久島1周ドライブをしましたが、時間がなくて飛ばした後半部分を、もう一度回り直します。

朝、安房の宿を出て一路屋久島灯台へ。島のちょうど反対側です。途中、寄り道したこともありますが、1時間20分もかかりました。50kmくらいありますし、屋久島は広いですね。

ちょうど朝の光が順光で、いいタイミング。明治30年にできた灯台ですが、今も輝いています。


灯台の裏手からは、隣の口之永良部島も眺められます。


それにしても、屋久島は不思議な島です。雨の森かと思えば、真っ青なビーチもあります。縄文杉や白谷雲水峡が、同じ島にあるようには思えません。

この不思議な感覚こそが、屋久島の魅力なのでしょう。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数