縄文杉登山(6):縄文杉デッキ(2012年屋久島旅行記13)

荒川登山口を出たのが午前6時07分。きっかり5時間で、縄文杉に到着しました。

途中の休憩時間は、全部合わせて30~40分くらいでしょうか。それ以外は、ほとんど歩き通しました。いや~、よく歩いた。

展望デッキは、縄文杉のやや下にに設置されています。そのため、デッキからは縄文杉をやや見上げる形になり、神々しく見えます。



たしかに、威厳がありますね。

十数年前までは、あそこまで歩いていって触れたのです。そう考えると、ちょっと残念な気分。僕は学生時代に屋久島登山を誘われたことがあるのですが、そのときはあまり魅力を感じずに断ってしまっていました。もし行っていれば、あそこに頬ずりできたのだなあ。

いまさら後悔をしても始まりません。現実の縄文杉デッキはご覧のような大混雑。


記念撮影の行列も途絶えません。記念撮影をする係員までいたのは驚きです。この人達は、毎日交代で荒川登山口から登ってきているのでしょうか。

縄文杉デッキからさらに登山道は宮之浦岳方面に伸びています。宮之浦岳は九州最高峰の山であり、ぜひ訪れたいところですが、今日は野営の装備を持っていません。

名残惜しく、少しだけ宮之浦岳方面に向かって歩いていくと、東屋がありました。ちょうど良いので、ここで昼食。



展望はとくにありませんが、のどかな森の中です。


関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
4位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数