臨時列車「えさし号」(江差線・奥尻島生ウニ紀行4)

江差から奥尻島への夜のフェリーは18時45分発。これに間に合う江差線は15時51分に江差に到着する列車です。ただ、江差で3時間もの待ち時間が生じてしまいます。

ところが、江差線は廃止を控えて臨時列車「えさし号」が1日2往復運転されています。「えさし4号」は江差着17時21分で、フェリーの出発まで1時間半弱と、ちょうどいい接続になります。

奥尻11

この列車に乗るには、やはり臨時列車の「白鳥74号」を利用します。函館発が14時49分。国鉄時代から続く485系の6両編成です。15時30分木古内着。

「えさし4号」はキハ40の単行列車です。臨時列車だからか、利用者は少なく快適です。江差線の定期列車は、最近は「さよなら乗車」の鉄道ファンが満載なのですが、この列車はあまり知られていないのでしょうか。

「えさし号」のいいところは、途中の湯ノ岱駅で定期列車と交換すること。そのため停車時間が長く設定されています。

奥尻12

ふだんは見られない江差線の列車交換を見ることができますし、タブレットの受け渡しも見られます。

奥尻13

湯ノ岱駅でスタンプを押す時間もあります。筆者はつい1ヶ月前にここを訪れたばかりですが……。

湯ノ岱を出て、軽やかなディーゼル音を響かせて、終点江差に定刻着。駅前のタクシーが1台だけいました。江差港まではタクシーなら5分もかかりません。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数