佐野ラーメン いってつ(グルメレビュー)

佐野ラーメンの特徴は、手打ち麺にあるそうです。新横浜ラーメン博物館には、以下のような案内があります。

佐野ラーメンの強みは、麺の主成分である小麦粉の産地であること。その国産の小麦粉に、水とカン水を加え、よくかきまぜる。そして手のひらを使ってよくこねて出来上がったドウを、身の丈以上もある長くて太い青竹にまたがり、リズムに乗って前後に移動しながらのばしていく。



佐野が小麦粉の産地だとは知りませんでした。多加水麺で、水分は50%程度とのこと。これはラーメンとしてはかなり高い方で、たとえばちりちりの麺が特徴的な博多ラーメンでは25%くらいとのこと。

スープは店によって異なりますが、化学調味料を使わない澄んだものが多いようです。今回は、「いってつ」というお店に行ってきました。

ittetsu1.jpg

うん。澄んでいる。

ittetsu2.jpg

たしかに、麺に際立った特徴があります。ラーメンとうどんの中間というか、かみ応えがあり、小麦粉の香りが残ります。

スープはあっさりしているように見えますが、後で少し胃に来たので、実際は脂も多いのではないかと思います。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
4位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数