• 阿武隈急行線
    福島-槻木 54.9km福島から阿武隈川に沿って、仙台近郊の槻木までを結ぶ鉄道。かつての国鉄丸森線が分離され第三セクターになり延伸された。福島駅のホームは福島交通と共用している。第三セクター発足当時、福島交通が株式の過半数を持っていたからだそうだ。つまり、福島交通の子会社だったわけである。どういう経緯かしらないが、現在は筆頭株主は福島県であり、宮城県とあわせて両県で過半数株式を保有する。福島交通は20%... 続きを読む
  • 福島交通飯坂線
    福島-飯坂温泉9.2km東北ローカル線パスを使って、東北の未乗線をJR私鉄あわせて乗りに行く。最初が、東北最南の私鉄、福島交通である。もともとは、福島一帯に路線網を張り巡らせていたが、いまはこの飯坂線だけが残されている。福島駅の駅ビルの片隅に乗り場がある。阿武隈急行と向かい合わせのホームだ。会社は違うが、同系列らしい。福島を出ると、路面電車さながらにトコトコとこまめに停車していく。途中からは幹線道路に... 続きを読む
  • 銚子電気鉄道
    銚子-外川 6.4km経営危機、ぬれ煎餅の販売で有名になったのが銚子電鉄。大正時代に開業した歴史ある路線だが、銚子の先っぽでよくもまあ21世紀まで廃線にならなかったものである。最近は「サポーター」なるものもできて、全国から支援が集まっているそうだ。僕自身は、経営危機騒ぎが起こるよりずっと前、たぶん1998年頃に一度乗車している。仕事で銚子に来ることがあり、そのときに時間が余ったので乗ってみた。のんびり... 続きを読む
  • 千葉都市モノレール
    1号線:千葉みなと-県庁前 3.2km2号線:千葉-千城台 12.0km千葉市が導入した都市内鉄道が、この千葉都市モノレール。都市内鉄道は地下鉄が設置されることが多いが、千葉市はコスト面からモノレールを選択したのだという。それはいいのだが、奇妙な路線配置である。京葉線乗換駅の千葉みなとから千葉までは1号線、2号線が共用し、そこで枝分かれして1号線が県庁前へ、2号線が千城台へ向かう。しかし、千葉から県庁前までは... 続きを読む
  • 上越新幹線
    大宮-新潟 269.5km(実キロ)上越新幹線には何度も乗ったことがあるが、たいていは越後湯沢までである。20代の頃は越後湯沢近辺でスキーをした。北越急行開業後は、北陸方面にいくときに湯沢で乗り換えた。越後湯沢以北は、ほとんど乗った記憶がない。一度だけ、何の用か忘れたが長岡から上野まで新幹線に乗った記憶があるが、それ以外の長岡-新潟間が、上越新幹線の未乗区間である。飯山線を乗り終えた後、在来線の上越線を... 続きを読む
  • 飯山線
    豊野-越後川口 96.7kmJRの未乗線で最長がこの飯山線。長野から千曲川に沿って新潟県に抜ける路線である。千曲川に沿って走るという路線形態からすれば、幹線になっていてもおかしくない路線である。が、沿線にある飯山の市民が、鉄道建設に反対した歴史があり、私鉄として建設され、後に国有化された。そのため、幹線から外れている。全線を通しで運転する列車は少ない。列車番号が変わらないのは一日に下り2本、上り1本だけ... 続きを読む
  • 長野電鉄屋代線
    須坂-屋代 24.4km長野電鉄長野線を途中の須坂で降りる。支線にあたる屋代線は、ここから出ている。屋代線は、経営が厳しい。千曲川の右岸に沿って走る路線で、松代のような観光地も経由するのだが、路線が長野市に向いていないのである。松代から長野市内にはバスのほうが便利で、この屋代線を利用する人は少なかろう。現在、存廃問題も浮上しているという。またも冷房車のない、旧日比谷線車両である。うだる暑さのなか、ガラガ... 続きを読む
  • 長野電鉄長野線
    長野-湯田中 33.2km大糸線を乗り終えてから、直江津を経て長野にやってきた。自分にとって未乗の地方私鉄として最大の長野電鉄に乗るためである。長野電鉄も、昭和の香りを残す会社として知られている。長野駅は、1981年にできた地下駅。地方鉄道の地下駅は珍しい。が、30年前の地下駅なので、やっぱり昭和な香りがする。停まっているのは、かつて小田急ロマンスカーだった車両。小田急では引退したが、それを引き取って当... 続きを読む
  • 大糸線
    松本-糸魚川 105.4km本来なら高校時代にでも乗っておいてもよいような路線だが、なぜかこれまで未乗だった。こないだ黒部に行った帰りに、信濃大町以南に乗ったのが初乗りである。今回は、改めて全線に乗ってみる。大糸線を乗り通すのは、じつは結構大変。100キロ以上の長大路線であるうえに、最北部の南小谷-糸魚川間が一日6本しかないからだ。乗車時間だけで3~4時間かかる。なので、朝早い列車に乗らないと、大糸線だけで... 続きを読む
  • 明知鉄道
    恵那-明智 25.1km豊橋鉄道に乗った後、金山を経由して中央本線に乗り、恵那に着く。ここから明知鉄道に乗る。明知鉄道は、旧国鉄の特定地方交通線を転換、引き継いだ路線である。国鉄明知線が、1985に明知鉄道明知線となった。田舎のローカル線だし、休日だし、まだ青春18の季節でもないし、ガラガラだろう、と舐めて行ってみたら、混んでいて席はほぼ埋まっている。そしてなんと2連だった。理由は後でわかったのだが、阪... 続きを読む

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数